治りやすい身体の作り方②

当院に痛みや不調で治療に来られる方や選手でも、

 

同じようにしていても、
症状がスッと取れやすい場合と

そうでない場合があります。

 

その違いは話を聞いていくと本当にシンプルで、

 

ちゃんと食べれているか。

ちゃんと寝ているか。

気持ちの良いこと、楽しいことをしているか。

ちゃんと排泄できているか。

 

その影響はとても大きいのではないかと感じています。

 

患部のみの施術で改善しないとき、
もちろん、施術のポイント・深さ・刺激量が適していないこともありますが、

胃や腸が機能していないと、

しっかりと栄養が吸収されずに

脳にも臓器にも手足にも指令や血液が行き届いていないと、
患部の施術のみでは一時的によくはなっても、
悪循環を繰り返してしまうことが多いように感じます。

 

心配ごとやストレス、

暴飲暴食

便秘や下痢

貧血

慢性の疲労

長期の痛みや不調


これらがあるときは、その関連性もみていかなくてはなりません。

当然、動作やアライメント。

負荷の量、季節からの影響なども重要です。

 

諸説はありますが、地球上の生物は、
はじめは腸から生まれてきた、と言われており、
中医学においても、まず脾胃(胃腸)を養うことを第一としています。

 


先人たちの考えてきた理論や、最新の研究でわかってきていること。
身体の仕組みや成り立ちを考えていくと、


治りやすく、壊れにくい身体がつくるには

 

”腸”

”脳”

”組織”(臓器や筋骨格)

 

この順番と、関連性を考えていくことが大切なのではないでしょうか。

 

よく寝て

よく食べて

よく遊び

よく出す

 

当たり前のことがおざなりになっていないか、

そんなところに答えがあるような気がします。

 

 

 

 

治りやすい体の作り方

治りやすい人とそうでない人。

 

一言で言うなら、

 

”整っているか”

”整っていないか”

 

その違いに尽きるのではないかと感じています。

 

 

整形外科、外科、内科、漢方 、

鍼灸、マッサージ、整骨、整体、

トレーニング、メンタル、カウンセリング

禅、瞑想、ヨガ、ピラティス

栄養学や食養生サプリメント、など、

 

今、巷にはたくさんの医療や代替医療

トレーニングに溢れています。

 

 

 

みんな違うようで同じことをしている。

少しずつ少しずつ学ぶほどそう思えてなりません。

 

 

ある人は骨格を。

ある人は動作や筋肉を。

ある人は体内の成分を。

ある人は感情を。

ある人は陰陽を。

 

 

救急時や根本原因を除く外科手術や、

今出ている症状を抑えるための対症療法はさておき、

 

その多くの場合解決は、

”整える、バランスをとる、最適化する。”

という言葉に落ち着きます。

 

 

全て大切で、どれも正しい。

 

そう考えると大切になるのは、

 

・順序

・性質

・相性、組み合わせ

 

なのではないでしょうか。

 

 

ではその基準とは?

 

 

その答えはヒトの身体の成り立ちと、

その方が育ってきた環境そのものにあるのではないかと感じるのです。

 

 

ではその成り立ちと環境とは?

 

 


続きはまた次回。

 

f:id:hiro-0517:20170922140512j:plain

ご挨拶(初めて当blogにお越しの方に)

当ブログにお越しくださってありがとうございます。

 


福岡の薬院にて、

なかなか良くならない
アスリート/女性/疾病/手術後の
”痛みや不調の改善”と、
身体活動と感性の状態を支える
”腸と脳の機能を高めるコンディショニング”を行っている、

ProCare福岡 薬院はり灸治療室 代表の

はり灸マッサージ師

日本体育協会認定アスレティックトレーナーの廣政淳一です。

 

 

このブログでは、

中医学と分子栄養学をベースに、

スポーツケア・美容・健康にまつわる

基礎知識、食と養生法の実践レシピ、各種エクササイズなど、

長く、楽に、余裕を持って動ける身体作りのための

内容をお伝えしていきたいと考えています。

 

 

 

ブログ内で掲載している情報は、

現時点で確からしいと一般化されている情報や、

日々の臨床や自身の実際の体験に基づいた経験に基づく方法や知識を、

本人の責任において掲載しています。 

 

最新情報や誤った内容の修正などのご指摘もいただけると大変嬉しいです。

 

 

食と習慣を整えて、治療に頼らない身体を作ること。

次の世代に健康な心身を繋げること。

 

自然の法則に適った、

なりたい自分になるための

調和のとれた身体づくりを一緒に勉強していければ幸いです(^^)

 

 

コメントや感想、ご質問などいただけると大変励みになります。

 

末永くよろしくお付き合い下さい。
どうぞよろしくお願い致します。

 

2016.12.8

廣政淳一 拝

 

f:id:hiro-0517:20161208172303j:plain